頚椎捻挫において示談交渉をすることで100万円以上増額した事例

相談者 60代男性
後遺障害内容 頸椎捻挫 両肩挫傷 腰椎挫傷
後遺障害等級 第14級9号
賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
傷害慰謝料 825,000円 1,100,000円 275,000円
後遺障害による損害
(慰謝料・逸失利益)
815,454円 1,594,225円 778,771円
合計 1,640,454円 2,694,225円 1,053,771円

依頼の経緯

等級認定を受けた後、相手方保険会社より賠償金の提示がなされましたが、相談者はその金額が適正なものかどうか、保険会社と弁護士介入では基準が異なると聞いたことがあるなど、弁護士の意見を聞いてみようと思い、当事務所に相談頂きました。

結果

相談者はすでに現役を引退され、固定的な仕事には就いておられなかったため、休業損害と逸失利益の部分では、収入を証明する資料を提出することができませんでしたが、交渉により、傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料をいわゆる赤本基準にまで増額し、後遺症逸失利益もある程度認めてもらい、上記の増額により合意しました。

収入を証する資料や将来の就労可能性を示す資料が提出できれば、さらに増額できた可能性はありましたが、相談者の方は総合的判断により同意されましたので、示談に至りました。

解決事例の最新記事

首の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)