物損事故で過失割合を有利に導いた事例

大型スーパー駐車場内の十字交差点での車同士の接触事故でした。交差部分には停止線の表示があったことから一般の道路に準じての過失割合の交渉となりました。

当初、当事者及びお互いの保険会社同士の最初のやりとりでは7対3の話もでたようですが、その後、相手方に弁護士がつき、6対4の提示がなされました。

必死に修正要素などを検討し、当方には過失はないことを主張し、幾重のやりとりの結果として9対1で合意に至ることができました。
 

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)