骨折で併合14級の後遺障害を負った主婦が賠償金を447万円に増額した事例

相談者 女性(70代)/職業 主婦
後遺障害内容(傷害名)・部位 ①左足関節果部骨折
②右尺骨肘頭開放骨折
③左足第一、五中足骨基部骨折
④胸骨骨折
⑤左鎖骨遠位端骨折
後遺障害等級 併合第14級
主な自覚症状 左足関節痛 右肘関節痛

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
傷害慰謝料 170万円 260万円 90万円
後遺障害慰謝料 75万円 110万円 35万円
逸失利益 38万円 77万円※① 29万円
合計 283万円 447万円 164万円

※①示談交渉後、逸失利益が下記のように認められました。
基礎年収355万円(賃金センサス全女性平均額)/労働能力喪失率(5%)/労働能力喪失期間(5年間)

依頼の経緯

横断歩行中に信号無視の車にはねられ、上記障害を負うという大変な事故でしたが、ご本人の必死のリハビリによる成果により、劇的な回復をされました。

当事務所には、事前認定にて14級認定となり、ご本人で異議申立し、やはり14級という結果のあと、ご相談にお見え頂きました。

相談会にて後遺障害の専門家に可動域等確認をしてもらったところ、事故の重大さに比較して劇的に回復しており、後遺障害としては14級が妥当であるという意見であったため、そのことをご本人に説明して納得頂き、14級を前提として相手方保険会社と賠償金の交渉に入りました。

結果

当方の主張に対し、慰謝料部分で争いがでましたが、粘り強い交渉により、当方の主張通りの示談となりました。

所感、争点(ポイント)

事故様態から見て大きな事故であったことが伺えますが、ご本人の必死のリハビリが功を奏し、器質的な部分では回復されていました。認定された等級を元に正当な賠償額の提示をし、合意を得ることができました。

太ももから足先の最新記事

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)