後遺障害認定申請について後遺障害等級14級9号が認定された事例

相談者 (30代女性) 
後遺障害内容(傷害名)・部位 頸椎捻挫、両肩甲部挫傷、腰椎挫傷
後遺障害等級 14級9号
主な自覚症状 頚から両肩甲部痛 腰痛

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉結果
通院慰謝料 1,465,399円
その他の損害 113,629円
後遺障害慰謝料 935,000円
後遺障害逸失利益  1,085,704円
合計額 3,599,732円

※1.2回目の合計額

依頼の経緯、経過等

半年間に2回の追突事故に遭われており、2回目事故の3週間後、土曜日に開催した無料相談会にお越し頂きました。

1回目の事故の治療が終了する前に2回目の事故に遭われたということもあり、当面通院治療を継続して行う必要がありましたので、必要かつ可能な限りで通院をすることをアドバイスしました。2回目事故後から9ヶ月間治療を継続し、症状固定後、主治医に後遺障害診断書を記載して頂きました。

後遺障害認定申請については、当事務所に委任頂いて被害者請求を行い、両事故について後遺障害等級14級9号が認定されました。

結果

上記認定結果を基に相手方保険会社2社と示談交渉を行い、慰謝料については赤本基準に近い金額、逸失利益及びその他の損害についてはこちらの提示どおりで示談することができました。

所感、争点(ポイント)

事故直後よりご相談頂き、依頼者様には通院のポイントをご理解頂くことによって、適正な後遺障害等級を得ることができました。

また、本件は1回目の事故の治療途中で2回目の事故に遭われた上、両事故によって負った傷病名が同様であったことから、両事故共に同じ後遺障害が認定されるという特殊な事例でした。

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)