当初は全く認められなかった休業損害(残業の減少分)について増額をはかることができた事例

相談者 (40代)/職業 会社員 
後遺障害内容(傷害名)・部位 頸椎捻挫
主な自覚症状 頚部痛

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
傷害慰謝料 571,200円 790,000円 218,800円
休業補償  0円 70,000円 70,000円

依頼の経緯

相手方保険会社より提示案が来てから相談頂きました。

結果

数度に亘る交渉により、傷害慰謝料について赤本基準満額、当初は全く認められなかった休業損害(残業の減少分)について増額をはかることができました。

所感、争点(ポイント)

あきらめずに交渉を繰り返したことにより、増額することができました。

また、依頼者様は弁護士費用特約に加入されていましたので、費用的な負担はありませんでした。

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)