歯の欠損で将来の治療費が認められた事例

相談者 (10代)/職業 アルバイト
後遺障害内容(傷害名)・部位 歯の欠損
後遺障害等級 14級2号
主な自覚症状 3歯欠損・左大腿骨骨折・上顎下顎骨折・前額部挫創等

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉後
治療費・通院費
将来の治療費 約28万円
休業損害 約94万円
入通院慰謝料  165万円
後遺障害慰謝料 99万円
合計額 約233万円

依頼の経緯

バイクに乗車中、右折してきた車に衝突され、治療・リハビリをされました。後遺障害等級申請で14級2号(歯の欠損のみ)に認定された段階で、当事務所に無料相談会にお越し頂き、受任することになりました。

結果(後遺障害部分)

認定された後遺障害等級を前提に相手方保険会社と交渉を行い、慰謝料については赤本基準に近い金額を、休業損害については提示通りの金額を得ることができました。また、失った歯の定期検診・メンテナンス費用として、年額×平均余命年数分の将来の治療費を受け取る事が出来ました。

所感、争点(ポイント)

失った歯のメンテナンス費用として、将来の治療費を認められる珍しい事例でしたが、同治療費を請求するにあたっては、歯科医師に作成していただいた将来における定期検診の必要性等が記載された診断書が重要な役割を果たしました。

また、ご依頼者様はバイク保険に加入しておられませんでしたが、ご依頼者様と同居していたご家族様の車の任意保険に弁護士費用特約が付随しており、ご依頼者様の経済的負担なく、解決することができました。

解決事例の最新記事

顔(目・耳・鼻・口)の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)