40代会社員が反対車線から衝突され頸椎捻挫を負った事例

相談者 (40代)/職業 会社員
後遺障害内容(傷害名)・部位 頸椎捻挫
主な自覚症状 首・肩・背中のはり

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
治療費・通院費
その他 0 実費 実費分
傷害慰謝料 25万円 41万円 16万円
合計額 25万円 41万円 16万円

依頼の経緯

片側一車線の道路を走行中、反対車線で右折待ちの車が、後続車両に追突されたために押し出され、事故に遭われました。事故後2ヶ月で治療打ち切りになり、相手保険会社からの示談金の提示が妥当かどうかご相談にお越しになりました。

結果(後遺障害部分)

慰謝料について赤い本基準で交渉し、その通りの示談となりました。その他として、事故により参加することができなかったイベントの参加料が認められました。

所感、争点(ポイント)

同居のご家族の自動車保険に弁護士費用特約がありましたので、それを使用することができました。よって、ご本人には金銭的な負担なく、正当な賠償額を得て頂くことができました。

また、争点は傷害慰謝料のみでしたので、受任してから示談するまで約1ヶ月半という、とても短い期間で示談することができ、依頼者様にご満足を頂くことができました。

解決事例の最新記事

首の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)