高次脳機能障害等で後遺障害等級4級が認定された被害者(70代・女性)が,訴訟上の和解により2800万円の損害賠償を獲得した事例

相談者 (70代)/女性
後遺障害内容(傷害名)・部位 高次脳機能障害

【当事務所の示談交渉サポート受けた結果】

賠償項目 示談交渉後
休業損失 210万円
逸失損益 1220万円
近親者慰謝料 200万円等
合計額 1630万円

事故発生の経緯

加害者が,青信号にしたがって横断歩道を歩行中の被害者に気づかないまま自動車を右折進行させ,被害者に衝突したもの。

依頼の経緯

加害者が任意保険に無加入であったことから、被害者のご家族が加入する自動車保険の人身傷害保険により対応されていました。事前認定により後遺障害が認定され、ご家族が加入する自動車保険会社の担当者と協議されたうえで、訴訟手続きにて最終賠償額を確定させてほしいということで,当事務所にご相談いただきました。

当事務所の活動

我々が受任したときにはすでに後遺障害が認められており,ご依頼者様の意向から,依頼をいただいてから速やかに,刑事事件記録や診療録等の必要資料を収集の上,訴訟を提起しました。

裁判の中では,被害者の方が極めて限定的ながら一定の家事作業を行うことが不可能ではなかったため,相手方は,高次脳機能障害の発症及び休業損害,逸失利益の金額を争ってきました。

これに対し,当事務所は,カルテや看護記録から被害者の症状を説明するなどし,家族の見守りがなければ一人で家事を行うことはできない等と反論しました。

結果(後遺障害部分)

裁判の中で裁判所から和解案の提示があったのですが,高次脳機能障害が発症していることを前提に,基本的に当方の主張がほぼ認められた内容でしたので,和解という形で終了しました。

所感、争点(ポイント)

こちらの主張が概ね認められる結果となりました。被害者の方の慰謝料のみならず,日常的に大変な思いをされているご家族の慰謝料まで獲得することができたので,大変良かったと思います。

解決事例の最新記事

頭部(脳)の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)