バイク乗車中の事故によって側副靭帯損傷・前十字靭帯損傷を負い,後遺障害第14級9号が認定された事案

相談者 30代・男性
傷病名 側副靭帯損傷,前十字靭帯損傷など
後遺障害内容・部位 膝(神経症状)
後遺障害等級 14級9号

相談・依頼の経緯

交通事故後,手術等をされましたのですが,痛み等が残っていたため仕事への影響等を懸念され,症状固定前に相談・依頼されました。

当事務所の活動内容

当事務所がご依頼いただいた段階ではすでに物損は示談済みであったため,人損部分に専念し,後遺障害の等級認定のサポートをさせていただきました。

膝の後遺障害の場合,可動域制限により12級が認定される可能性があったため,被害者の方にどういった可動域制限が生じているのかを確認しました。結果として,14級に認定されることが妥当であろうという結論となり,被害者請求を行いました。

当事務所の予測したとおり後遺障害等級14級に認定されたため,保険会社と金額面での交渉を行いました。

当事務所関与の結果

ご依頼者の御意向として,訴訟までせず示談交渉により早期解決を望まれていたこともあり,示談の結果,治療費等の既払い金を除き約255万円の賠償金を獲得しました(過失割合10%あり)。

所感

バイクの事故により重傷を負われた方が,適切な後遺障害が認定され,その結果,法的に十分な損害賠償金を獲得できました。

事前に後遺障害が何級になるかを検討したことから,あえて異議申し立てや訴訟に踏み込まず,早期の解決が可能となりました。

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)