頸椎捻挫 併合14級 会社員 約236万円獲得した事例

相談者 30代/職業会社員
傷病名 頚椎捻挫、左肩挫傷、腰部挫傷等
後遺障害内容(傷害名)・部位 神経症状(頚部痛及び腰部痛)
後遺障害等級 14級(併合)

依頼の経緯

依頼者様は、道路上において停車中、後方から進行してきた加害者車両に衝突され、頚椎捻挫等の傷害を負われました。交通事故が発生してから11ヶ月以上治療を続けておられましたが、頚部及び腰部に痛みが残存している状態の中、いつまで治療を継続すればよいか等今後の進め方について相談にお越しいただきました。

当事務所の活動

既に11ヶ月以上治療を継続していたことから、依頼者様の方で医師と症状固定時期について話し合ってもらい、後遺障害診断書を作成してもらった上で、後遺障害の申請を行うことにしました。

申請を行った結果、頚部及び腰部の痛みについて、共に第14級9号の後遺障害に該当するとの認定(併合14級)がなされました。

その後、認定された後遺障害等級を前提に、当事務所の方で損害額の計算を行い、保険会社の担当者と金額面での交渉を行いました。 

当事務所関与の結果

交渉の結果、逸失利益については当事務所提示(裁判基準)どおり、慰謝料についても裁判基準に近い金額で示談することができ、約236万円の賠償金を獲得しました。

所感、争点(ポイント)

MRI画像や神経学的検査には異常はありませんでしたが、残存している症状を踏まえた適切な後遺障害の等級が認定された結果、法的にも十分な損害賠償金を獲得することができました。

保険会社との交渉についても、それほど時間を要さずに解決に至ったため、依頼者様にも大変満足していただくことができました(担当江畑博之)。

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)