顔面醜状痕,腰痛等 併合9級 20代・会社員 男性 約1034万円獲得した事例

ご依頼の経緯

事故直後に当事務所ホームページをご覧になってお問合せいただきました。バイク事故により,骨盤骨骨折(恥骨結合離開)等の重傷を負って入院中であったため,出張相談で対応しました。

当事務所の活動

まず物損を処理するにあたって大きな問題が過失割合でした。というのは,交差点での衝突だったのですが,信号が黄色であったのか赤色であったのかが大きなポイントになるにもかかわらず,明確な裏付けがなかったためです。ここはあえて弁護士が介入せず,当事者に交渉を委ね,妥当な過失割合についてアドバイスを行いました。

そして物損解決後に,後遺障害の申請を行いました。その際,額や脚に大きな傷があったことから,症状固定時期を依頼者と相談しながら進めました。

その結果,額の傷が第9級,外傷性恥骨結合離開による腰痛及び股関節痛について第14級が認定されました(併合9級)。

その後,依頼者の意向としては,訴訟ではなく早期の解決を望まれたことから,交渉によって速やかに示談を行いました。

担当弁護士の所感

かなりの重傷であったため,どのような後遺障害が認定される可能性があるのかを一つ一つ検討し,重要な部分が認定されたことはよかったと思います。また,顔面醜状痕という損害額について保険会社と対立が生じやすい後遺障害でしたが,円滑な示談ができたことは大きなメリットでした(担当 五十嵐)。

腰の最新記事

解決事例の最新記事

顔(目・耳・鼻・口)の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)