橈骨遠位端骨折 14級9号 60代女性 交渉により約220万円増額した事例

相談者:(60代女性) 職業:家事従事者
後遺障害内容(傷害名)・部位:右橈骨遠位端骨折
後遺障害等級:14級9号
主な自覚症状:右手の痛み

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
損害合計額 160万円 約380万円 約220万円

ご依頼の経緯

当事務所ホームページをご覧になってお問合せいただきました。相談にお越しいただいた際には既に後遺障害の結果が出ており,保険会社からの示談額の提示があったという段階でした。相談の内容としては,認定された後遺障害の等級と示談額の妥当かどうか聞きたいとのものでした。

結果

事故資料を調査したところ,骨折後の骨癒合も良好であり,また,骨折部の可動域制限も生じていなかったことから,認定された後遺障害の等級は妥当であると考えられました。しかし,保険会社から提示された示談金額は,裁判上の基準とは倍以上の差があったため,損害賠償額の交渉を当事務所の方で行いました。争点となったのは,家事従事者としての休業損害,慰謝料,逸失利益等でしたが,どの損害額についても裁判基準に近い金額で早期に和解することができました。

所感,争点(ポイント)

後遺障害が認定された被害者の場合,保険会社が提示する示談額と裁判基準で計算した損害額との差額が大きくなることが多く,その分,弁護士に依頼するメリットも大きいと言えます。ですので,後遺障害が認定された被害者の方は,示談前に一度弁護士に相談することをお薦め致します。(担当江畑博之)

肩、腕、肘、手の最新記事

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)