腰椎捻挫 14級9号 50代男性 約210万円を獲得した事例

相談者:(50代男性)会社員

後遺障害内容(傷害名)・部位:頸椎捻挫、腰椎打撲

後遺障害等級:14級9号

主な自覚症状:頸部痛、腰痛

【当事務所の示談交渉サポートを受けた結果】

  示談交渉後
損害合計額 約210万円(自賠責保険金を含む)

ご依頼の経緯

依頼者は、事故後治療継続中に、保険会社から治療の打ち切りを示唆され、その旨整形外科の先生に相談したとのことです。そうしたところ、医師より治療の必要があるから、弁護士に依頼をして治療期間を延ばしてもらうよう言われ、当事務所を医師より紹介さたとのことです。

このような経緯で、当事務所に相談にいらっしゃいました。

相談では、依然として強固な痛みを抱えていること、また整形外科にしっかり通院されていることから、治療期間を可能な限り伸ばしてもらうことと、治療終了後には、後遺障害を獲得することが目標となりました。

当事務所の活動

もともと、9か月程度治療をしていたので、治療期間を大幅に伸ばすことはできませんでしたが、受任後直ちに保険会社に対し、治療期間を延ばしてほしい旨申し入れ、一か月程度治療期間を延ばしてもらいました。

また、治療終了時には、後遺障害診断書を医師より作成してもらい、自賠責保険に対し、被害者請求を行いました。

結果としては、当初想定していたとおり、依頼者本人がしっかりと整形外科に通院していたこと等から、14級9号を獲得することができました。

所感,争点(ポイント)

一般に、痛みによる神経症状で14級9号に該当するか判断する重要な指標として、通院回数が挙げられています。当事務所も、事務所内で扱った案件で統計を行ったことがありますが、やはり通院回数は、14級9号に該当するか判断するうえで、重要な指標となっていました。

本件では、整形外科に150回以上通院されており、こういったことが後遺障害の認定について、プラスの影響を与えたものと思われます。

後遺障害の結果が出てから、2か月程度で示談が成立しており(着金を含めても3か月程度)、スピーディーな解決ができたと思います。(弁護士小林)

腰の最新記事

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)