頸椎捻挫,右肩打撲 14級9号 50代男性 損害額約470万円が認められた事例

相談者:50代男性
後遺障害内容(傷害名)・部位:頸椎捻挫,右肩打撲擦過創
後遺障害等級:14級9号
主な自覚症状:首の痛み、左手指のしびれ

【当事務所の示談交渉サポート受けた結果】

賠償項目 示談交渉後
損害合計額 約470万円(治療費除く)

 依頼の経緯

事故発生後約1か月経過した頃,頸椎捻挫の症状がなかなか改善しないため,今後の回復状況に不安を感じられ,当事務所にご相談いただきました。

相談の際,当事務所では弁護士が治療中からアドバイスを差し上げていることや,当事務所の後遺障害サポートについてご説明したところ,ご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

本件は,交通事故発生後約1か月頃と比較的早期にご依頼いただいたため,治療早期から弁護士のアドバイスを受けていただき,当事務所の後遺障害サポートも受けていただくことが出来ました。

当事務所としては,後遺障害等級が適正に認められるために,どのような治療実績を積むべきかというアドバイスに加え,保険会社との治療期間の交渉にもあたらせていただきました。

頸椎捻挫であれば,事故後半年程度で保険会社から治療を打ち切られることも多いのですが,当事務所が保険会社と交渉した結果,事故後1年2か月近くもの間,保険会社が治療期間を認めてくれる結果になりました。

その後,残念ながら,依頼者には頸部痛の症状が残存してしまったため,後遺障害の認定申請をすることになりました。

一般的には,保険会社に後遺症認定を任せる「事前認定」の手続で後遺症を申請することも多いのですが,当事務所の後遺障害サポートを受けていただき,当事務所が「被害者請求」の形で後遺症の認定を申請し,狙い通り後遺障害等級14級9号の認定を獲得することが出来ました。

担当弁護士の所感

本件では,最終的に,後遺障害逸失利益については裁判基準満額の金額を獲得し,慰謝料についても裁判基準に近い金額を獲得し,解決することが出来ました。

本件については,事故後約1か月でご依頼いただいたため,当事務所が早期から保険会社と治療期間について交渉にあたり,1年以上もの治療期間を認めてもらえる結果になったと考えています。

交通事故に遭われた被害者の方は,弁護士への早めの相談をお勧めいたします。

肩、腕、肘、手の最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)