死亡事故 男性会社員 約7000万円(自賠責保険金を含む)を獲得した事例

相談者:会社員
傷害名:死亡

【当事務所のサポートを受けた結果】

  示談交渉後
損害合計額 約7000万円(自賠責保険金を含む)

ご依頼の経緯

お亡くなりになられた方は、右折しようとした乗用車にはねられ、不幸にもお亡くなりになりました。お知り合いの紹介ということで、事故直後にご相談にいらっしゃり、ご依頼をお受けすることになりました。事故直後ということもあり、詳細な事故状況はわかっていませんでしたが、少なくとも弁護士に依頼をした方がメリットの大きい事案であることは分かりました。

当事務所の活動

ひとまず、物損から解決しました。物損を解決する段階では、まだ刑事事件の公判が開かれておらず、詳細な過失割合の検討はできない段階でしたが、いかなる事故態様であったとしても、有利と言える範囲では示談が可能でしたので、その範囲で示談しました。

その後、刑事公判を傍聴し、刑事記録の検討を経ましたが、物損を解決した際の過失割合で解決した方が、こちらに有利であることが分かりましたので、人損についても同じ過失割合を前提に損害計算を行い、相手方に提示をし、交渉の上、示談をしました。

本件については、訴訟をした場合には、物損を解決した際の過失割合よりも、こちらに不利な過失割合が認定されるおそれが高く、それを想定した場合には、訴訟とするよりも、示談で解決した方がこちらに有利と思われる事案でした。

その点について、依頼者に説明をし、十分納得していただけたものと思います。

所感,争点(ポイント)

交通事故によってお亡くなりになった場合、ご家族の方は、警察から話を聞かれたり、また年金の手続きをしなければならなくなります。その都度どう対応したらいいか、自分のしたことが損害賠償にとって不利にならないか等、心配になります。また、お亡くなりになったことによって葬儀費用を負担するなどした場合、それは果たして相手方に請求できるものなのか、といったことも心配になります。

本件については、事故直後に受任したことから、都度発生する心配事について、お話させていただき、スムーズに解決することができました。弁護士に依頼したことによる経済的メリットも大きかったものと思います。(弁護士小林)

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)