• HOME
  • 交通事故解決の流れ

交通事故問題解決の流れ

IMG_0249.jpg

交通事故で適切な賠償を受け取るためには、事故に遭った直後から適切な対応をとることが必要です。

しかし、交通事故にお遭いになられる方は、初めて交通事故にお遭いになられることが多く、この適切な対処方法についてご存知でない方がほとんどで す。

そのため、適切な賠償を獲得することは、交通事故の交渉のプロでないと難しいのが現実です。ここでは、事故発生後から問題解決に至るまでの流れと、事故後の適切な対処方法をご説明致します。

 

①交通事故発生 ~警察にまずは通報し、示談は絶対受けないようにしましょう!~

交通事故に遭ったら、まずは警察へ通報しましょう。警察に通報しなければ、交通事故に遭ったことを証明する、『事故証明書』が発行されませんので、その後、本来受け取るはずであった保険金が支払われないケースがあります。


よく加害者は大きな問題にしたくないということで、警察には連絡をせずに「私たちだけで内々で示談して済ませましょう」と話をしてくることがあります。しかし、その際にははっきりと断って下さい。その時、一見すると有利な条件を伝えられているように思われていても、実際はまず良いことはありません。


また、交通事故後、保険会社との間でいったん示談をしてしまうと、示談書で定められた金額以上の請求権は放棄するという条項が定められるのがほとんどです。そのため、記載された金額以上の金額を取得できないのが原則です。
まずは警察に通報をし、示談は受けないようにしましょう。

 

②事故状況の確認・記録 ~弁護士に連絡し、対応方法を確認~

交通事故直後は何がなんだか分からなくなってしまい、何をどうすれば良いのか分からなくなるというケースが多いです。まずは弁護士に相談し、適切な賠償金を獲得するためにどのように対応すればよいのか確認を行いましょう。


交通事故後に必要となる対応としては、交通事故の加害者に『氏名・住所・連絡先・車のナンバー』を確認し、記録を残しておくことが必要です。もし、事故現場に居合わせた目撃者がいる場合には、目撃者にも同様に氏名・住所・連絡先を確認し、後日事故の証人になってもらえるようにお願いしておくことが大切です。


また、携帯電話のカメラ機能でも良いので事故現場の状況が分かる写真を撮影し、後日の損害賠償交渉や裁判で証拠となるように大切に保存しておきましょう。


事故直後の対応を十分行なった後には、弁護士に問い合わせ、事故後の対応に不備が無いか再度確認を行なってください。対応に不備が無いことの確認を行いましたら、交通事故で負った怪我の適切な治療や後遺障害認定の獲得のために、どう行動すればよいのかご相談して下さい。


当事務所では症状固定前からの後遺障害等級認定サポートを実施しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

③病院での治療 ~後遺障害や賠償金は適正ですか?後遺障害認定サポート~

交通事故に遭い怪我をされたり、どこか少しでも痛みがある場合は、仕事でどんなに忙しくされていたとしても必ず病院に行き、通院が必要な場合には必ず通院して下さい。もし交通事故の影響で仕事を休む場合には、仕事上の不利益として休業損害を保険会社に請求することができます。


また、通院で必要となる交通費や治療費などの領収書は全て大切に保管しておきましょう。「医師からどのような治療を受けるのか」「どれぐらいの頻度で通院するのか」によって、後遺障害の等級認定が変わる場合もあります。


実は、適切な治療を受けていないことを理由に、本来貰えるはずの賠償をもらっていないケースは多く、損をしてしまっていることが少なくありません。適切な治療を受け、適切な賠償金を得るためにも弁護士に相談してください。

 

④治療費・休業損害の打ち切り  急に治療費の打ち切りを告げられてはいませんか?

交通事故遭ったことで生じた怪我が完治せず、まだ通院中の状態であるにも関わらず、保険会社から一方的に治療費・休業損害の打ち切りを告げられることがあります。

 

しかし、そのような場合、弁護士が保険会社と交渉をすることによって、保険会社の対応が変わる場合もあります。もし保険会社から治療費・休業損害の打ち切りを急に一方的な形で告げられたのであれば、すぐに弁護士に相談して下さい。


実際に治療費を打ち切られた後に弁護士が保険会社と交渉した結果、再び治療費の支払いを行ってもらえるようになったケースもございます。弁護士に相談せずに損してしまっている事も多いので、まずは弁護士にお気軽にご相談下さい。

 

⑤症状固定 ~交通事故の後遺障害に詳しい病院ですか?~ 

怪我によっては治療することにより完治するものもあれば、後遺障害(後遺症)が残り、それ以上の改善が見込めないことがあります。そして、治療を行なっても症状の改善が見られなくなった状態を「症状固定」といいます。


症状固定の診断がされると、後遺障害等級の認定を受けることができるようになり、等級に応じた賠償金を受けることが可能になります。

 

しかし、病院といっても全ての病院が交通事故や後遺障害に詳しい医師がいるわけではありません。また、交通事故の後遺障害等級認定に際しては、後遺障害に詳しい医師でなければ後遺障害等級の認定をサポートしてくれないケースも往々にしてあります。

 

当事務所では、交通事故に精通した医師と連携し、適切な後遺障害認定の獲得のサポートをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さいませ。

 

⑥保険会社からの示談案の提示

あなたの受け取った示談案は最低額の提示の可能性があります!

よくご相談者の方から、
「保険会社から提示された内容が良く分からない…」、
「保険会社からの提示金額に納得できない…」

といったご相談を頂くことがあります。


一般の生活をしているとあまり知らないことですが、実は賠償金の計算方法には3つの基準があります。保険会社の提示してくる賠償金は、交通事故の被害者の方が本来受け取ることができる金額より低いことが多々あります。

 

当事務所ではご相談者の方の状況から、適正な賠償金の金額を計算させて頂きます。また、代理人として適正な賠償金を獲得するために、保険会社と交渉を行うことも可能ですので、まずはご相談くださいませ。

 

⑦示談交渉・訴訟 ~適正な賠償金の獲得に向け全力でサポート致します!~

示談交渉では弁護士が代理人として適正な賠償金獲得のための交渉を行います。しかし、弁護士が示談交渉をした場合でも、保険会社から納得ができる提案が行われない場合もありますので、この場合にはより適切な賠償金を獲得していくために訴訟を提起し、裁判での解決を目指します。

 

当事務所では、交通事故の被害者が適正な賠償金を獲得することができるように全力を尽くし、依頼者をサポートさせて頂きます!


こちらのページでは、交通事故問題はどのように解決に向かうのか、また、弁護士が交通事故問題の解決でどのようなことを行うのかご説明致しました。ご不明な点やもう少し詳しく話しが聞きたいところがございましたら、当事務所までお気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せ下さい

ImgTop16.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致しております。


※スケジュールの都合上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いておりますので予めご了承下さい。

●トップページ
●交通事故問題でお悩みの方へ
●ご相談・ご予約の流れ
●当事務所が選ばれる
6つの理由
●当事務所の理念
●当事務所の解決実績
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用

新潟市の交通事故被害者の方の相談料・着手金0円 025‐288‐0170
推薦者の声
詳しくはこちら
お客様の声
詳しくはこちら

Contents Menu

事務所概要
  

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号

アクセスはこちら
Access Map
当事務所のリンク集
法律・税務のことなら 弁護士法人宮本総合法律税務事務所
交通事故賠償金のことなら 新潟 交通事故被害者相談

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


ImgLS3_3-thumb-240x240-18.jpg

 

fts_logo.jpg

Google+
弁護士法人 宮本総合法律財務事務所(旧:宮本総合法律税務事務所)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
電話 025-288-0170
FAX 025-288-0172