• HOME
  • 手(肩~手指)の後遺障害について

手(肩~手指)の後遺障害について



交通事故によって手(肩~手指)にケガを負うことがあります。その代表的な症例について解説します。

肩鎖関節脱臼について

鎖骨骨折,鎖骨遠位端骨折について




手の後遺障害には、下記の表のように認定基準が定められています。
  IMG_4795.jpg

①肩~手指の後遺障害の認定基準について

1)欠損障害

等級 認定基準
1級3号
両上肢をひじ関節以上で失ったもの
2級3号
両上肢を手関節以上で失ったもの
4級4号
1上肢をひじ関節以上で失ったもの
5級4号
1上肢を手関節以上で失ったもの

 

2)機能障害

等級
認定基準
1級4号
両上肢の用を全廃したもの
5級6号
1上肢の用の全廃したもの
6級6号
1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8級6号
1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
10級10号
1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
12級6号
1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの


「上肢の用を全廃したもの」とは、3大関節(肩関節、ひじ関節及び手関節)のすべてが強直し(可動性を失った状態)、かつ、手指の全部の用を廃したもの(手指の末節骨の半分以上を失い、または中手指関節もしくは近位指関節(母指にあたっては指節間関節)に著しい運動障害を残すもの)を指します。
 

「関節の用を廃したもの」とは、(ⅰ)関節が強直したもの、(ⅱ)関節の完全弛緩性麻痺(筋肉が緩んで動かなくなる状態)またはこれに近い状態(自動運動では、関節の可動域が健側(怪我を負っていない側)の可動域角度の10%程度以下となったもの)、(ⅲ)人工関節・人工骨頭を挿入し置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの、を指します。 

関節の機能に著しい障害を残すもの」とは、()関節の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの、()人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、上記「関節の用を廃したもの」の()以外のもの、を指します。 

「関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の4分の3以下に制限されているものを指します。

3)変形障害

等級
認定基準
7級9号
1上肢に偽仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8級8号
1上肢に偽関節を残すもの
12級8号
長管骨に変形を残すもの

 

②手指の後遺障害の認定基準について

1)欠損障害

等級
認定基準
1級3号
両上肢をひじ関節以上で失ったもの
2級3号
両上肢を手関節以上で失ったもの
4級4号
1上肢をひじ関節以上で失ったもの
5級4号
1上肢を手関節以上で失ったもの

 

2)機能障害

等級
認定基準
3級5号
両手の手指の全部を失ったもの
6級7号
1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの
7級6号
1手のおや指を含み3の手指又はおや指以外の4の手指を失ったもの
8級3号
1手のおや指を含み2の手指又はおや指以外の3の手指を失ったもの
9級12号
1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
11級8号
1手のひとさし指、なか指又はくすり指を失ったもの
12級9号
1手のこ指を失ったもの
13級7号
1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
14級6号
1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

 

3)変形障害

等級
認定基準
4級6号
両手の手指の全部の用を廃したもの
7級7号
1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
8級4号
1手のおや指を含み3の手指又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの
9級13号
1手のおや指を含み2の手指又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
10級7号
1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
12級10号
1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
13級6号
1手のこ指の用を廃したもの
14級7号
1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの

ご自身やご家族の方が交通事故に遭い、上記のような症状がある場合には、手の後遺障害を抱えられている可能性があります。

適切な後遺障害の等級認定を得るためには、適切な対応を取ることが肝要ですので、まずはお気軽に当事務所までご相談下さい。

お気軽にお問合せ下さい

ImgTop16.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致しております。


※スケジュールの都合上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いておりますので予めご了承下さい。

●トップページ
●交通事故問題でお悩みの方へ
●ご相談・ご予約の流れ
●当事務所が選ばれる
6つの理由
●当事務所の理念
●当事務所の解決実績
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用

新潟市の交通事故被害者の方の相談料・着手金0円 025‐288‐0170
推薦者の声
詳しくはこちら
お客様の声
詳しくはこちら

Contents Menu

事務所概要
  

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号

アクセスはこちら
Access Map
当事務所のリンク集
法律・税務のことなら 弁護士法人宮本総合法律税務事務所
交通事故賠償金のことなら 新潟 交通事故被害者相談

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


ImgLS3_3-thumb-240x240-18.jpg

 

fts_logo.jpg

Google+
弁護士法人 宮本総合法律財務事務所(旧:宮本総合法律税務事務所)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
電話 025-288-0170
FAX 025-288-0172