鎖骨骨折について

鎖骨骨折(さこつこっせつ),鎖骨遠位端骨折(さこつえんいたんこっせつ)

鎖骨骨折とは

鎖骨は,誰でも皮膚の上から確認できる,なじみの深い骨です。鎖骨は外側で,肩甲骨と連結し(肩鎖関節),内側で胸骨と連結しています(胸鎖関節)。

鎖骨骨折は,肩関節周囲の骨折の中で最も頻度が多く,転倒の際によって,あるいはその際に手をつくことによって発生する事が多いです。

症状

強い痛みで,肩や腕を動かすことができなかったり,患部の膨張,変形が見られることもあります。

検査方法

単純X線検査によって検査します。

考えられる後遺障害

・変形障害

12級5号「鎖骨,胸骨,ろく骨,肩こう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの」
裸になった状態で,鎖骨の変形が確認できれば,これに該当します

・機能障害

10級10号「‥関節の機能に著しい機能障害を残すもの」
12級6号「‥関節の機能に障害を残すもの」

鎖骨の外側(遠位端)を骨折した場合には,肩鎖関節と近いことから,肩関節の可動域に運動制限を残すことがあります。
肩関節の可動域が2分の1以下に制限されていれば10級10号に,4分の3以下に制限されている場合には,12級6号となる場合があります。

※肩鎖関節脱臼については,肩鎖関節脱臼のページ


どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)