大腿骨転子部骨折について

大腿骨転子部骨折とは

大腿骨の上部の部分(ふとももの骨と骨盤との間の部分,脚の付け根の部分)は,骨頭,頚部,転子部の3つ部位で構成されます。転子部は,この内一番下部にある太くでっぱりのある部分のことです。かかる部位を骨折した場合に大腿骨転子部骨折といいます。

大腿骨頚部骨折と同様に,高齢者に多い症状です。

検査方法

XP撮影で診断します。

治療方法

手術により固定具を使用することが一般的で,人工骨頭置換術が選択されることはないとされています。骨折のタイプにより,DHS,エンダーピン,ガンマネイル等,どの固定具を用いるのかが選択されます。

考えられる後遺障害

可動域制限が伴えば,機能障害として10級11号や4分の3以下になった場合には「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として第12級7号が認定される可能性があります。

また,骨折部位が変形したまま癒合し,脚の長さに違いが生じた場合,5cmの違いは第8級5号,3cm以上は10級7号,1cm以上であれば13級8号に認定される可能性があり得ます。


どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)