• HOME
  • 目の後遺障害について

目の後遺障害について

交通事故による怪我の中には、目に怪我を負ってしまう場合もあり、目の後遺障害を負ってしまう場合もあります。目の後遺障害は、次の4つの場合があります。
  IMG_4783.jpg

目の後遺障害の4分類

①視力障害
②調節傷害
③運動障害
④視野傷害

①視力障害

目の後遺障害のうち、視力障害とは交通事故によって負った怪我により、失明や視力の低下を伴う後遺障害になります。原則として、視力に関する後遺障害はメガネやコンタクトレンズなどの矯正視力によります。

②調節傷害

目の調節力とは、明視できる遠点から近点までの距離的な範囲をレンズに換算した数値で表しますが、人の年齢と密接な関係があると言われています。調節障害は、交通事故によって調節力が損傷を受けなかった目よりも1/2以下に減じたものを著しい調節機能障害を残すものと呼びますが、中には両目とも損傷を受けている場合や、あるいは損傷していない目の調節力にも異常がある場合もあります。この場合においては、年齢別の調整力が参考にされます。

③運動障害

眼球は6本の眼筋によって支えられ、正しい位置を保っています。しかし、眼筋のいずれかが麻痺してしまうと、視野が狭くなったり、複視が残ったりします。このような状況のことを運動障害と呼びます。

④視野傷害

視野とは眼前の1点を見つめて同時に見える外界の広さのことですが、視野障害はこの視野が狭くなったことによる障害のことで、症状としては半盲症や視野狭窄、視野変状等の症状を引き起こします。

目の後遺障害の認定基準

1)視力障害

 

等級
認定基準
1級1号
両目が失明したもの
2級1号
1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
2級2号
両眼の視力が0.02以下になったもの
3級1号
1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
4級1号
両眼の視力が0.06以下になったもの
5級1号
1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
6級1号
両眼の視力が0.1以下になったもの
8級1号
1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
9級1号
両眼の視力が0.6以下になったもの1眼が失明し、又は一眼の視力が0.02以下になったもの
9級2号
両眼の視力が0.6以下になったもの1眼の視力が0.06以下になったもの
10級1号
1眼の視力が0.1以下になったもの
13級1号
1眼の視力が0.6以下になったもの

 

2)調整傷害

等級
認定基準
11級1号
両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
12級1号
1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

 

3)運動障害

等級
認定基準
10級2号
正面を見た場合に複視の症状を残すもの
11級1号
両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
12級1号
1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
13級2号
正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

 

4)視野障害

等級
認定基準
9級3号
両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
13級3号
1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

 

目の後遺障害の等級認定のポイント

目の後遺障害において適切な等級認定を得るポイントとしては、まず障害の有無をきちんと立証した上で、交通事故との因果関係を明確に立証することが必要になります。目の後遺障害の立証においては以下のような検査が用いられます。

障害の種類
検査方法
視力障害
スリット検査、直像鏡、オートレフ、万国式試視力検査、ERG、VEP検査等
調節障害
アコモドポリレコーダー等
運動障害
ゴールドマン視野計、ヘスコオルジメーター等
視野障害
ゴールドマン視野計、フリッカー検査等

目の後遺障害の原因には、頭部外傷を原因とする視神経の損傷もありますので、眼科だけでは十分な対応が困難であるケースがあります。そのため、場合によっては脳神経外科や神経内科で診察をしてもらう必要があります。

お気軽にお問合せ下さい

ImgTop16.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致しております。


※スケジュールの都合上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いておりますので予めご了承下さい。

●トップページ
●交通事故問題でお悩みの方へ
●ご相談・ご予約の流れ
●当事務所が選ばれる
6つの理由
●当事務所の理念
●当事務所の解決実績
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用

新潟市の交通事故被害者の方の相談料・着手金0円 025‐288‐0170
推薦者の声
詳しくはこちら
お客様の声
詳しくはこちら

Contents Menu

事務所概要
  

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号

アクセスはこちら
Access Map
当事務所のリンク集
法律・税務のことなら 弁護士法人宮本総合法律税務事務所
交通事故賠償金のことなら 新潟 交通事故被害者相談

 

ImgLS3_3-thumb-240x240-18.jpg

 

fts_logo.jpg

Google+
弁護士法人 宮本総合法律財務事務所(旧:宮本総合法律税務事務所)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
電話 025-288-0170
FAX 025-288-0172