• HOME
  • 醜状の後遺障害

醜状の後遺障害

交通事故で怪我を負うと、怪我の場所によっては傷跡ややけど跡が残ってしまうケースがあります。このような傷跡は、醜状(しゅうじょう)と呼ばれる後遺障害として等級認定を得ることができます。

醜状の等級認定においては、性別が男性か女性か、醜状の場所が目立つ場所にあるのかどうか、によっても変わります。
  IMG_0204.jpgのサムネール画像

これまでは、女性にとって体の傷跡が与える影響は大きいと考えられており、男女という性別 の違いによって等級が区別されてきましたが。しかし、現在では男性の場合においても傷跡を負ってしまうことで受ける影響は女性同様にあると考えられてお り、性別に関わらず同じ等級になるように改正が行われています。

外貌(頭部、顔面部のように、上肢や下肢以外の日常的に露出する部分)の傷害)

等級
認定基準
第7級12号
外貌に著しい醜状を残すもの
第12級14号
外貌に醜状を残すもの

外貌に著しい醜状を残すものとは、以下のいずれかに該当する場合のことになります。

①頭部に手のひら大以上の瘢痕、あるいは頭蓋骨の手のひら大以上の欠損がある場合。
②顔面部に卵大面以上の瘢痕、長さ5cm以上の線状痕、あるいは、10円玉大以上の組織陥没がある場合。
③首に手のひら大以上の瘢痕がある場合。

※手のひら大とは指の部分は含みません。

また、外貌に醜状を残すものとされる場合の「醜状」とは、以下のいずれかに当てはまる場合になります。

①頭部に卵大面以上の瘢痕、あるいは、頭蓋骨の卵大面以上の欠損がある場合。
②顔面部に10円玉大以上の瘢痕、長さ3cm以上の線状痕がある場合。
③首に卵大面以上の瘢痕がある場合。

外貌の醜状として認められるためには、他人が傷跡を見て、傷を負っていることが明確に分かることが必要です。瘢痕、線状痕、組織陥没があった場合でも、眉毛や頭髪によって隠れてしまう部分については、醜状として取扱われませんので十分に注意が必要です。

等級
認定基準
14級相当
上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
14級相当
下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

お気軽にお問合せ下さい

ImgTop16.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致しております。


※スケジュールの都合上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いておりますので予めご了承下さい。

●トップページ
●交通事故問題でお悩みの方へ
●ご相談・ご予約の流れ
●当事務所が選ばれる
6つの理由
●当事務所の理念
●当事務所の解決実績
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用

新潟市の交通事故被害者の方の相談料・着手金0円 025‐288‐0170
推薦者の声
詳しくはこちら
お客様の声
詳しくはこちら

Contents Menu

事務所概要
  

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号

アクセスはこちら
Access Map
当事務所のリンク集
法律・税務のことなら 弁護士法人宮本総合法律税務事務所
交通事故賠償金のことなら 新潟 交通事故被害者相談

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


ImgLS3_3-thumb-240x240-18.jpg

 

fts_logo.jpg

Google+
弁護士法人 宮本総合法律財務事務所(旧:宮本総合法律税務事務所)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
電話 025-288-0170
FAX 025-288-0172