自転車乗車中に交通事故に遭われた方へ

事務所は,自転車乗車中の交通事故に遭われた方からのご相談も少なくありません。

自転車に乗車中の交通事故の特徴は,車に乗車中の事故に比べ,骨折などの重い怪我を負われる可能性が高くなるという点です。
多くの方は自転車に乗る際,ヘルメットや保護具等を装着されていませんので,ひとたび車に衝突されてしまうと,転倒して腕や脚,鎖骨等の骨折等にもつながりますし,頭部や顔面に怪我をすることもあります。また,死亡事故の可能性も,車に乗車中の事故に比べて高くなることは,想像に難くありません。

こういった特徴から,自転車事故の場合は後遺障害が残る可能性が高くなります。具体的には,頭部挫傷から高次脳機能障害につながる場合もありますし,関節の骨折等から可動域制限が生じることもあるのです。治療段階から後遺障害の認定に向けた取り組みが必要になります。

また,自転車は大人だけでなく,お子さんが日常的によく利用する交通手段です。お子さんが事故に遭った場合,将来的な治療費など特別な考慮も必要になってきます。

したがって,正当な賠償額を獲得するためには,交通事故に詳しい弁護士に相談する必要性は高いと言えます。

さらに,自転車事故の場合は,過失割合を判断する際にも車同士の事故とは若干扱いが変わってきます。裁判等において過失割合を検討するときに用いる「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準(別冊判例タイムズ)」にも,「自転車と四輪車・単車との事故」という独立した項目が設けられており,自転車の交通実態が反映されているのです。

当事務所は,自転車乗車中に交通事故に遭われた方からのご相談もお受けしていますので,まずはお気軽にお問合せください。

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)