外傷性頚部症候群 14級9号 60代女性 約250万円獲得した事例

相談者60代女性 
後遺障害内容(傷害名)・部位外傷性頚部捻挫、背部挫傷、外傷性上肢末梢神経障害
後遺障害等級14級9号
最終示談額:約250万円

依頼の経緯

事故発生後約2週間の段階で、事務所にご相談いただき、治療の推移や相手方保険会社との交渉の流れについてご説明させていただいたところ、受任に至りました。

当事務所の活動

当事務所としては、依頼者の治療の状況をお伺いしながら、症状に合わせた治療計画などについてアドバイスさせていただきました。

とりわけ、本件では、依頼者に頚部痛のみならず、顔面の違和感、PTSDといった症状も見られたため、整形外科のみならず、神経内科・脳神経外科や、心療内科といった専門医の診察を受けることなどをお勧めするなど、治療の方針をアドバイスさせていただきました。

その後、残念ながら、依頼者には頚部痛の行為症状が残存してしまったため、後遺障害の申請をすることにしました。

当事務所の後遺障害認定申請サポートを受けていただき、当事務所が「被害者請求」の形で後遺症の認定申請を担当し、狙い通り後遺障害等級14級9号の認定を獲得することができました。

担当弁護士の所感

昨今、画像上異常が明らかでない外傷性頚部症候群などでは、後遺症の認定が非常に厳しい傾向にあります。しかし、本件では、事故後早期にご依頼いただいたため、治療の方針について丁寧にアドバイスすることができたということも、後遺症の認定を獲得できた理由の一つだと考えています。

また、相手方保険会社との間では、過失割合についても争いとなっていましたが、当初保険会社が主張する過失割合よりも有利な過失割合で解決することもできました。

画像上明らかな異常が見られない外傷性頚部症候群などの案件では、治療実績の積み重ね方が、後遺障害等級認定に大きく影響を及ぼすといわれています。

交通事故で被害に遭われた方は、比較的軽度のお怪我と思われる場合でも、万が一後遺障害が残存してしまった時のために、早めの段階で弁護士へご相談いただきたいと思います。(弁護士 江幡賢)

解決事例の最新記事

首の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)