解決事例・新着情報

2018年10月 お客様の声

お客様から温かいお言葉をいただきましたので、 ご紹介させて頂きます。 <お客様の声 10月>2018年10月 お客様の声(相談した方). ※クリックすると画像が表示されます。
続きを読む >>

死亡事故 被害者参加制度を利用し刑事裁判に参加した事例

事故の概要 お子さんの死亡事故で、ご家族の方よりご依頼いただきました。 当事務所の活動 被害者参加制度を利用 自動車運転過失致死事件でしたので、被害者参加の利用が可能な事件でした。 依頼者の方は、大切なお子さんの命を奪われただけでなく、加害者の不誠実な態度に強い憤りを感じていたことから、被害者参加制度を利用し、刑事裁判にかかわることを決意しました。 被害者参加制度とは、被害
続きを読む >>

20代・女性 学生 ひき逃げ事故の被害にあい,慰謝料を裁判基準満額で支払われた事案

事故の概要 積雪のため歩道を通行することができず、車道を歩行していたところ、走行してきた対向車両に衝突され、その車両が逃走したという、ひき逃げ事故の被害にあった方からのご依頼でした。 被害者の方は、肋骨骨折等の重傷を負いました。 当事務所の活動 事故発生から間もない時期に当事務所にお越しになり、正式にご依頼いただきました。 被害者の方にはとにかく治療に専念してもらい、保険会社のやり取り等
続きを読む >>

飲酒運転でひき逃げをした場合の法的責任 弁護士 五十嵐

先日、タレントが飲酒運転をして人身事故を起こし、その後現場から立ち去るという飲酒ひき逃げ事故で逮捕されたとのニュースがありました。非常に衝撃的なニュースでしたが、このような交通事故を起こした場合、どのような法的責任を負うのでしょうか。 ①自動車運転過失致傷罪 まず、自動車を運転していて、人にケガを負わせた場合、自動車運転過失致傷罪に該当します。なお、昔は業務上過失致傷と言いましたが、現在では法
続きを読む >>

裁判所のIT化・その3 弁護士 江幡 賢

1 先日、最高裁判所が、2019年度から、裁判所と弁護士事務所をインターネットでつなぐ「ウェブ会議」を導入する方針を決めたと新聞報道されました。  日本の裁判制度は、欧米などに比べてIT化が遅れていると指摘されていましたが、民事裁判のIT化の一環として、いよいよ新しい取り組みが始まりそうです。   2 導入される「ウェブ会議」とは、裁判所に備え付けられたタブレット端末と弁護士が持つ
続きを読む >>

裁判所のIT化・その2 弁護士 江幡 賢

1 平成29年10月30日に,内閣官房が,日本の民事裁判の手続などにIT化導入を検討する有識者の検討会を発足すると発表しました。 以前の私のコラムでは,東京地方裁判所で,当日開かれる期日を検索できるタブレット端末が試験的に設置されることになったという話題を取り上げましたが,やはり,昨今のIT化の流れは,今後,民事裁判の世界にも大きく影響しそうな気配があります。 2 首相官邸のホームページに公表
続きを読む >>

2018年8月 お客様の声

お客様から温かいお言葉をいただきましたので、 ご紹介させて頂きます。 <お客様の声 8月>2018年7月 お客様の声(相談した方). ※クリックすると画像が表示されます。
続きを読む >>

2018年7月 お客様の声

お客様から温かいお言葉をいただきましたので、 ご紹介させて頂きます。 <お客様の声 7月>2018年7月 お客様の声(相談した方). ※クリックすると画像が表示されます。
続きを読む >>

外傷性頚部症候群 14級9号 60代女性 約250万円獲得した事例

相談者:60代女性  後遺障害内容(傷害名)・部位:外傷性頚部捻挫、背部挫傷、外傷性上肢末梢神経障害 後遺障害等級:14級9号 最終示談額:約250万円 依頼の経緯 事故発生後約2週間の段階で、事務所にご相談いただき、治療の推移や相手方保険会社との交渉の流れについてご説明させていただいたところ、受任に至りました。 当事務所の活動 当事務所としては、依頼者の治療の状況をお伺いし
続きを読む >>

頚椎捻挫 30代女性 兼業主婦において家事労働分の休業損害が認められた事例

相談者: 30代女性  職業:会社員(事務職) 後遺障害内容(傷害名)・部位:頚椎捻挫 後遺障害等級:非該当 主な自覚症状:頚部、肩の痛み 【当事務所の示談交渉サポート受けた結果】 賠償項目 サポート後 治療費 約51万円 通院交通費 約9万円 休業損害 約31万円 慰謝料 約93万円 損害合計額 約
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)