解決事例

【頚椎捻挫等 弁護士の交渉により賠償額が2倍になった事例】

当初提示額: 約50万円 最終示談額: 約100万円 後遺障害等級:なし 弁護士特約:あり 事故の状況 依頼者の車が赤信号で停車していたところ、後方から進行してきた相手方車両に追突されました。 事故により、依頼者は頚椎捻挫などの怪我を負いました。治療により怪我は完治し、保険会社から賠償額の提示を受けました。 保険会社からの賠償額の妥当かどうか相談するため、
続きを読む >>

交通事故で後遺障害14級の依頼者について赤本基準満額での賠償額を交渉により獲 得した事例

事案の概要 歩行者対自動車の事故です。 ご依頼者様が道路を歩行中に、加害者が運転する車両にはねられ、環椎骨破裂骨折などの重傷を負われました。 事故後入院されていたので、退院後に当事務所にご依頼いただきました。 当事務所弁護士の対応 幸い、事故後の回復が良く、通常に生活できるまで回復されました。しかし、股関節機能制限、頭部醜状痕などの症状が残存しました。 担当弁護士は2回にわたって医
続きを読む >>

加害者が保険対応を拒否した事案

相談者 30代男性 傷病名 左橈骨骨幹部骨折当 等級  非該当 依頼の経緯 当事務所の交通事故HPをご覧になってご相談にいらした方でした。 当事務所の活動 本件では、加害者が任意保険会社に加入していたにも関わらず、自身の過失を認めず任意保険会社を利用しなかった事案です。 保険が利用されていないため、治療費等を保険会社が支払ってくれることもなく、依頼者自身で支払いをせざるを
続きを読む >>

保険会社から約230万円を提示されたが、弁護士が交渉した結果、 約400万円となった事案

依頼の経緯 六十代後半の依頼者は、交通事故に遭い、約1週間入院した後、約半年間通院した結果、 後遺障害等級12級が認定されました。 相手方保険会社は、依頼者に対し、損害賠償額として約230万円を提示してきたため、提示された損害賠償額が適正かどうか確認するため、当事務所にご相談にいらっしゃいました。 担当弁護士が試算した結果、相手方保険会社が提示してきた賠償額は低く、当事務所が依頼を
続きを読む >>

【物損 駐車場内での事故 当初提示されていた過失割合よりも有利な過失割合で示談した事例】

過失割合 30:70→20:80 後遺障害等級:なし 弁護士特約:あり 事故の状況 依頼者は、駐車場内で前方にいた車が停車したため自車を停車したところ、依頼者の車両に右側の駐車区画に駐車していた車が後退し、両車が衝突しました。 保険会社からは、過失割合30:70(依頼者が30)を提示されましたが、依頼者は納得されず、当事務所にご相談に来られました。 当事務所の対応 事故状
続きを読む >>

【頚椎捻挫、腰椎捻挫 個人事業主の休業損害が争点となった事例】

増額金額 約370万円 後遺障害等級:14級 弁護士特約:あり 事故の状況 依頼者の車が赤信号で停車していたところ、後方から進行してきた相手方車両に追突されました。 事故により、依頼者は頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負いました。 依頼者は個人事業主として飲食店を経営していましたが、事故直後は痛みが強かったため、数週間、店舗を休業していました。 当事務所にご相談に来られたの
続きを読む >>

後遺障害等級7級が認定され、相手方保険会社の提示より500万円以上増額をし、総 額1900万円以上の損害賠償金を獲得した事例

事案の概要 交通事故により腰椎圧迫骨折などの重傷を負いました。長い治療期間を経て、仕事に復帰したものの、腰の痛みなどをひどく、また、相手保険会社に対して損害賠償請求をする必要があるとのことから、 ご依頼をいただきました。 弁護士が行った業務 弁護士に依頼する段階で後遺障害等級7級が認定されました。それを前提に損害賠償額の計算を行い、相手保険会社に対して約2600万円の損害賠償請求を
続きを読む >>

【むちうち 過失割合について通常よりも有利な割合で示談した事例】

最終示談金額 約100万円 傷病名:頚椎捻挫 後遺障害等級:なし 弁護士特約:あり 事故の状況 依頼者は、信号機のある交差点を青信号で直進しようとしたところ、対向車線から右折してきた車と 衝突しました。 当事務所に相談にいらっしゃったのは、事故から約1か月後であり、事故で負った怪我の治療をしている段階でした。 当事務所の対応 5カ月弱治療を行い、怪我は完治
続きを読む >>

後遺障害14級9号が認定され、相手保険会社の提示から約140万円の増額に成功した事例

事案の概要 追突事故の被害に遭い、事故直後に保険代理店様からのご紹介で当事務所にご依頼されました。 弁護士が行った業務 当事務所が相手保険会社とのやりとりを担当し、治療終了( 症状固定)後は後遺障害診断書の作成などをサポートいたしました。その結果、後遺障害14級9号に認定されました。 認定された後遺障害等級をもとに、損害賠償の計算を行い、相手保険会社に提示をいたしました。 こ
続きを読む >>

骨盤骨骨折などの怪我を負い、早期に交渉段階で解決することができた事例

事案の概要 自転車で道路を進行中、四輪車と衝突をし、骨盤骨骨折や閉鎖筋損傷などの怪我を負い、入院やお仕事の都合から保険会社の対応を任せたいとのことで、当事務所にご依頼されました。 弁護士が行った業務 怪我の治癒状況が順調で、大きな怪我を負ったものの、どんどんと回復されました。ご本人様としても、交通事故の解決が長引くことは望んでいませんでした。 そのため、あえて後遺障害の申請は行
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)