解決事例

70代男性 第7級5号「同一系列」が争点となった事例

1 ご依頼の経緯 横断歩道を歩行中に,直進してきた車両に衝突され,骨盤骨骨折や尿道損傷等の重傷を負ったという事故でした。被害者のご家族が弊事務所のホームページをご覧になり,ご依頼いただきました。 2 弊事務所の活動内容 後遺障害認定のサポート 被害者の方が膀胱の損傷により人口膀胱(ストーマ)を造設する手術が行われていました。そこで,担当の医師の先生にお手紙を送るなど,適切な後遺障害が認定さ
続きを読む >>

腰椎圧迫骨折 11級7号 40代女性 当初の提示額より約750万円増額した事例

相談者:(40代女性)職業:会社員 後遺障害内容(傷害名)・部位:腰椎圧迫骨折等 後遺障害等級:11級7号 主な自覚症状:腰痛 【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】 賠償項目 サポート前 サポート後 増額分 傷害慰謝料 約20万円 120万円 約100万円 逸失利益 約200万円 約440万円 約240万円
続きを読む >>

脛骨高原骨折、腓骨骨折、足関節内果骨折 併合11級 40代男性 約1250万円獲得した事例

相談者 (40代男性)自営業者 傷害名 脛骨高原骨折、腓骨骨折、足関節内果骨折 後遺障害等級 併合11級(12級7号,12級13号) 主な症状 足関節の可動域制限、膝の痛み等 賠償項目 示談交渉結果 休業損害 約130万円 傷害慰謝料 約185万円 後遺障害逸失利益 約450万円
続きを読む >>

高次脳機能障害等 併合6級 加害者が任意保険未加入であったが、裁判基準での損害金を獲得した事例

相談者 (70代男性)自営業者 後遺障害内容(傷害名)・部位 軸椎突起骨折、胸椎突起骨折、肋骨骨折、足関節内顆・外顆骨折、腓骨骨幹部・後頭骨骨折、慢性硬膜下血腫等 後遺障害等級 併合6級(7級4号、10級11号、11級7号) 主な症状 記銘・記憶力や集中力の低下、頸部・肩・背部・腰部の痛み、足関節可動域制限等 【当事務所の示談交渉サポ
続きを読む >>

第1事故の示談交渉中に、再度交通事故にあった事例

相談者:(50代女性)職業:会社員 後遺障害内容(傷害名)・部位:第一事故腰椎挫傷,頚椎挫傷,右下肢知覚障害等                第二事故頚椎捻挫等 後遺障害等級:第一事故14級9号 主な自覚症状:後頭部から肩にかけての痛み,右下肢のしびれ等 【当事務所の示談交渉サポートを受けた結果】   示談交渉後 損害合計額 第一事故約300万円
続きを読む >>

死亡事故 男性会社員 約7000万円(自賠責保険金を含む)を獲得した事例

相談者:会社員 傷害名:死亡 【当事務所のサポートを受けた結果】   示談交渉後 損害合計額 約7000万円(自賠責保険金を含む) ご依頼の経緯 お亡くなりになられた方は、右折しようとした乗用車にはねられ、不幸にもお亡くなりになりました。お知り合いの紹介ということで、事故直後にご相談にいらっしゃり、ご依頼をお受けすることになりました。事故直後というこ
続きを読む >>

頸椎捻挫,右肩打撲 14級9号 50代男性 損害額約470万円が認められた事例

相談者:50代男性 後遺障害内容(傷害名)・部位:頸椎捻挫,右肩打撲擦過創 後遺障害等級:14級9号 主な自覚症状:首の痛み、左手指のしびれ 【当事務所の示談交渉サポート受けた結果】 賠償項目 示談交渉後 損害合計額 約470万円(治療費除く)  依頼の経緯 事故発生後約1か月経過した頃,頸椎捻挫の症状がなかなか改善しないため,
続きを読む >>

外傷性頚部症候群 14級9号 40代男性 約270万円獲得した事例

相談者:40代男性)職業:会社 後遺障害内容(傷害名)・部位:外傷性頚部症候群、腰椎捻挫等 後遺障害等級:14級9号 主な自覚症状:首の痛み、左手指のしびれ 【当事務所の示談交渉サポート受けた結果】 賠償項目 示談交渉後 損害合計額 約270万円(治療費除く) ご依頼の経緯 当事務所ホームページをご覧になってお問合せいただきまし
続きを読む >>

バイクの改造費について、訴訟を提起し、十分な賠償を得られた事例

相談者:(男性)職業:会社員 後遺障害内容(傷害名)・部位:右膝外側半月板損傷等 後遺障害等級: 主な自覚症状: 【当事務所のサポートを受けた結果】 賠償項目 和解結果 損害合計額 約400万円 ご依頼の経緯 本件については、一度他の弁護士に依頼し、相手方弁護士との間でやりとりをしていたのですが、進め方に納得がいかず、当事務所に相談
続きを読む >>

鎖骨骨折等 12級6号 40代男性 主張が全面的に認められ約1150万円が認められた事例

依頼者の属性 40代/男性/公務員 傷病名 鎖骨骨折,頚椎捻挫 後遺傷害の内容 肩関節可動域制限 後遺傷害等級 第12級6号 1事案の概要 見通しのよい道路を走行中,対向車がセンターラインを越えてきたため,正面衝突したもの(過失割合0:100)。依頼者は鎖骨骨折等のケガを負った。治療を継続していたものの,腕が上にあがらないという可動
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)