解決事例・新着情報

交通事故で後遺障害14級の依頼者について赤本基準満額での賠償額を交渉により獲 得した事例

事案の概要 歩行者対自動車の事故です。 ご依頼者様が道路を歩行中に、加害者が運転する車両にはねられ、環椎骨破裂骨折などの重傷を負われました。 事故後入院されていたので、退院後に当事務所にご依頼いただきました。 当事務所弁護士の対応 幸い、事故後の回復が良く、通常に生活できるまで回復されました。しかし、股関節機能制限、頭部醜状痕などの症状が残存しました。 担当弁護士は2回にわたって医
続きを読む >>

後遺障害等級7級が認定され、相手方保険会社の提示より500万円以上増額をし、総 額1900万円以上の損害賠償金を獲得した事例

事案の概要 交通事故により腰椎圧迫骨折などの重傷を負いました。長い治療期間を経て、仕事に復帰したものの、腰の痛みなどをひどく、また、相手保険会社に対して損害賠償請求をする必要があるとのことから、 ご依頼をいただきました。 弁護士が行った業務 弁護士に依頼する段階で後遺障害等級7級が認定されました。それを前提に損害賠償額の計算を行い、相手保険会社に対して約2600万円の損害賠償請求を
続きを読む >>

後遺障害14級9号が認定され、相手保険会社の提示から約140万円の増額に成功した事例

事案の概要 追突事故の被害に遭い、事故直後に保険代理店様からのご紹介で当事務所にご依頼されました。 弁護士が行った業務 当事務所が相手保険会社とのやりとりを担当し、治療終了( 症状固定)後は後遺障害診断書の作成などをサポートいたしました。その結果、後遺障害14級9号に認定されました。 認定された後遺障害等級をもとに、損害賠償の計算を行い、相手保険会社に提示をいたしました。 こ
続きを読む >>

骨盤骨骨折などの怪我を負い、早期に交渉段階で解決することができた事例

事案の概要 自転車で道路を進行中、四輪車と衝突をし、骨盤骨骨折や閉鎖筋損傷などの怪我を負い、入院やお仕事の都合から保険会社の対応を任せたいとのことで、当事務所にご依頼されました。 弁護士が行った業務 怪我の治癒状況が順調で、大きな怪我を負ったものの、どんどんと回復されました。ご本人様としても、交通事故の解決が長引くことは望んでいませんでした。 そのため、あえて後遺障害の申請は行
続きを読む >>

死亡事故で3000万円を回収した事案

事案の概要 お父様が交通事故の被害に遭い、亡くなられました。そのご遺族の方から、損害賠償請求のご依頼をいただきました。 弁護士が行った業務 まず事故態様の詳細が不明であったため、刑事記録を取得して、調査を行いました。 当事務所で調査したところ、被害者の方にも相応の過失が生じうる事案であることがわかりました。 並行して、ご遺族の方より損害賠償の計算に必要な資料をご提供いただ
続きを読む >>

無保険の加害者から全額の損害賠償を回収した事案

事案の概要 依頼者の方が自動車に乗って信号待ちをしていたところ、後方から追突されました。その加害者は保険に加入していない、無保険であることがわかりました。損害賠償請求をするにあたり、当事務所にご依頼いただきました。   弁護士が行った業務 まず、弁護士は相手方の住所を調査しました。幸い、自宅がすぐにわかりましたし、電話番号も把握することができました。 また、依頼者の方から通院し
続きを読む >>

死亡事故 裁判をせず赤本基準の慰謝料等を獲得した事例

事案の概要 高齢の方の死亡事故でした。被害者は、自転車で走行中、後方から走行してきた自動車に衝突され、そのままお亡くなりになられました。 被害者のご遺族から依頼をうけ、加害者と加害者加入任意保険会社に対して、損害賠償請求を行うことになりました。 弁護士の活動 まず、医療費や逸失利益等を算定するため、医療記録や受給していた年金の金額がわかる資料等を収集しました。相手に請求する損害賠償に漏
続きを読む >>

高次脳機能障害による後遺障害を負った被害者が、裁判をせずに赤本基準の慰 謝料、逸失利益を獲得した事例

事案の概要 自転車で横断歩道を直進中、右折してきた車両に衝突され、頭部を地面に強く打ち付け、外傷性くも膜下血種、脳挫傷等の重傷を負い、緊急搬送されました。 ご家族の方からご依頼をいただき、すぐに依頼を受けることになりました。 弁護士の活動 事故直後からのご依頼でしたので、職場の休業補償のやりとりから様々な対応を致しました。 治療内容等から、複数の医療機関に通院等せざるを得ず、相手保険
続きを読む >>

慰謝料を赤本基準の90%相当額を獲得した事例

事案の概要 交差点内での出会いがしらの交通事故で、被害者の方が頸椎捻挫等と診断されたことから、 当事務所に依頼されました。 当事務所の行った業務 依頼者の症状固定後に、相手保険会社から医療記録等を取りよせ、損害額の計算を行いました。 本件事故態様は、車の損傷状況からすると衝撃がさほど強くなく、場合によっては、 相手保険会社から治療の必要性や通院期間について反論がなされる可能性がありまし
続きを読む >>

むち打ち等の症状で、休業損害や慰謝料を増額できた事例

事案の概要 交差点内での事故でした。事故から 3 カ月ほど通院をし、損害賠償額の交渉をする段階で、当事務所にご依頼されました。 当事務所で行った業務 まずドライブレコーダーを相手保険会社から取り付け、過失割合をチェックしました。 本件では依頼者に 20%程度の過失が生じてしまうことはやむを得ないことを確認した上で、 依頼者に納得いただきました。 その上で、当事務所で損害の計算を行い
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)