飲酒運転でひき逃げをした場合の法的責任 弁護士 五十嵐

先日、タレントが飲酒運転をして人身事故を起こし、その後現場から立ち去るという飲酒ひき逃げ事故で逮捕されたとのニュースがありました。非常に衝撃的なニュースでしたが、このような交通事故を起こした場合、どのような法的責任を負うのでしょうか。

①自動車運転過失致傷罪

まず、自動車を運転していて、人にケガを負わせた場合、自動車運転過失致傷罪に該当します。なお、昔は業務上過失致傷と言いましたが、現在では法律が改正されています。

(過失運転致死傷)

第5条 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

 

②道路交通法違反(酒気帯び運転など)

そして、飲酒をして運転をした部分については、①に加えて、②道路交通法違反が成立します。この法律には「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」とが定められているのですが、前者は呼気1リットル中アルコール濃度が0.15mg以上検出された場合に該当するもので、後者は、この呼気アルコール濃度で判断するのではなく、まっすぐ歩けるかどうか、受け答えがおかしくないか等客観的な状態から判断します。

(酒気帯び運転等の禁止)

第65条 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

  酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  酒酔い運転   5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

 

③危険運転致死傷罪

もし、かなり酔っぱらったような状態で運転して人を死傷させたという場合、上記①②ではなく、この③危険運転致死傷罪が成立します。アルコールの影響で「正常な運転が困難」な場合に成立するのですが、例えば、前方をしっかり見ることができないとか、ハンドルやブレーキの操作が思ったようにできない状態など、道路や交通の状況等に応じた運転をすることが難しい状態になっていることをいいます。

(危険運転致死傷)

第2条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。

一 アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為

 

④道路交通法違反(救護義務違反)

そして、ひき逃げをした部分はどのような規定になっているかというと、自らの運転に起因する交通死傷事故があったときに、直ちに車両等の運転を停止して負傷者の救護等を行わなかったという救護義務違反に問われます。

このように、飲酒をした状態で交通事故を起こし、さらに逃走した場合には、重い罰則が定められているのです。

弁護士コラムの最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)