信号待ち中に追突されて頸椎捻挫、腰椎捻挫で併合14級の後遺障害を負った40代パート主婦の事例

相談者 40代女性/職業 パート主婦
後遺障害内容(傷害名)・部位 頸椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害等級 併合第14級
主な自覚症状 頚部から右上腕痛、腰痛、両手が“モヤモヤ”して力が入りにくい。めまい。階段上りで気持ちが悪くなる。右下肢全体に痛みがある。

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
傷害慰謝料 15万円 86万円 71万円
通院慰謝料 29万円 83万円 54万円
後遺障害慰謝料 0万円 99万円 99万円
逸失利益 0万円 71万円※① 71万円
合計 44万円 339万円 295万円

※①示談交渉後、逸失利益が下記のように認められました。

基礎年収330万円

賃金センサス/労働能力喪失率(5%)/労働能力喪失期間(5年間に対応するライプニッツ係数)

依頼の経緯

大通りで信号待ち中に追突されて上記のけがを負い、事故後4ヶ月経過後のご相談でした。

主治医と相談して頂き、事故後6ヶ月をもって症状固定とし、自賠責の被害者請求兼後遺障害認定請求をしました。

結果

当事務所から主治医に対し、できるだけ詳細に後遺障害診断書を書いて頂くようお願いの手紙をだすなどしたこともあり、後遺障害診断書は比較的詳しく書かれたものを得ることができました。しかし、はっきりとした器質的変形はなかったため、認定かどうかは境界線上にあると思われました。

当方から、必要かつ可能な限り通院をすべきことをアドバイスしたこともあり、結果的には、通院回数もかなりの数だったこともあるせいか、併合14級に認定されました。相手方保険会社の担当者も後遺障害はないとみていたようで認定の報告をしたときは驚いていました。

その後、14級を元に示談交渉を開始しました。

休業損害の部分で、相手方保険会社は、主治医の医療照会に「休業の必要はない」旨の記載があることをたてに、こちらの主婦休業損害の主張に対しては強行に抵抗していましたが、過去の判例等を粘り強く示すなどしたことによりかなりの増額をすることができました。

所感、争点(ポイント)

事故様態から見て大きな事故であったことが伺えますが、ご本人の必死のリハビリが功を奏し、器質的な部分では回復されていました。認定された等級を元に正当な賠償額の提示をし、合意を得ることができました。

はやい段階から後遺障害の認定獲得に向けて準備をしたことにより、器質的異常のない被害者も後遺障害を認定してもらうことができました。

また、主治医が相手方保険会社の依頼で記入する医療照会の内容は、時によって大きな障害になりますが、パート主婦の場合、年収・就業形態等により、主婦としての休業損害が少なからず認められる場合もあるので粘り強く判例等を示すことは増額につながることになると思いました。

腰の最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)