腰部打撲捻挫等 14級9号 公務員 約450万円獲得した事例

相談者 40代/職業公務員
傷病名 腰部打撲捻挫、頸椎捻挫、頭皮擦過傷
後遺障害内容(傷害名)・部位 神経症状(頚部痛)
後遺障害等級 14級9号

依頼の経緯

依頼者様は、自転車で走行中、依頼者様の存在に気付かないまま、路外に出ようとした加害者車両に衝突されました。事故時に載っていた自転車は、修理不可能な状態になり、頭皮擦過傷、腰部捻挫等の障害を負われました。事故時の加害者の対応や自転車の評価額を巡る保険会社に対し、不信感を持ち、また、お怪我をした際の状況から後遺障害の可能性もあることから、相談にお越し頂きました。

当事務所の活動

症状固定後、後遺障害の申請を行いました。画像所見上、明確な異常が認められるわけではありませんでしたが、事故の状況や、治療経過から見て、14級9号に認定される可能性が高いものと考えていたところ、想定どおり、14級9号に認定されました。認定後、当事務所の方で損害額の計算を行い、保険会社の担当者と賠償額の交渉を行いました。 

当事務所関与の結果

交渉の結果、全ての損害項目について赤本基準(裁判基準)どおりの請求額が認められ、既払い金を含め、約450万円を獲得しました。また、自転車についても60万円の支払いを受けることができました。

所感、争点(ポイント)

訴訟となっていれば、場合によっては過失相殺もあり得た事案であると思います。その意味では、訴訟による解決以上によい結果が得られました。賠償額提示のタイミング、解決の早さ、結果のいずれも良いものであったと思います(担当小林塁)

The following two tabs change content below.
小林 塁

小林 塁

小林 塁

最新記事 by 小林 塁 (全て見る)

腰の最新記事

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)