加害者が保険対応を拒否した事案

相談者 30代男性

傷病名 左橈骨骨幹部骨折当

等級  非該当

依頼の経緯

当事務所の交通事故HPをご覧になってご相談にいらした方でした。

当事務所の活動

本件では、加害者が任意保険会社に加入していたにも関わらず、自身の過失を認めず任意保険会社を利用しなかった事案です。

保険が利用されていないため、治療費等を保険会社が支払ってくれることもなく、依頼者自身で支払いをせざるを得ない状況でした。

こういった事案では、依頼者本人では対応することは困難であることから、当事務所に依頼をされました。
保険会社が治療費の支払いをしない以上、直ちに支払わせることは困難であるため、治療費はいったん依頼者が支払ったうえ、自賠責保険に請求をし、回収を行いました。

その後、加害者と交渉をしたところ、加害者は自身の任意保険会社を利用することに同意したため、私と保険会社で交渉を行い、適正な賠償額を獲得することができました。

担当弁護士の所感

本件は特殊な事案だと思います。

本件のような場合や、相手方が無保険である場合、あるいは保険会社が極めて早期に治療費の支払いを打ち切るような事案ですと、被害者ご本人のみで対応していくことが難しく、結果的に泣き寝入りのような形になってしまうこともあり得ます。

本件では、一時的に依頼者が支払いをせざるを得ない状況ではありましたが、のちに適正な賠償を得ることができた事案です。(弁護士 小林 塁)

掲載日:2024年5月29日

The following two tabs change content below.
小林 塁

小林 塁

小林 塁

最新記事 by 小林 塁 (全て見る)

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)