多発肋骨骨折,骨盤骨折等 14級9号60代男性 300万円以上の賠償金を獲得した事例

相談者:(60代男性) 職業:会社員
後遺障害内容(傷害名)・部位:多発肋骨骨折、骨盤骨折等
後遺障害等級:14級9号
主な自覚症状:骨折後の胸痛、股関節痛、臀部痛

【当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い】

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
損害合計額 約185万円 約305万円 約120万円

ご依頼の経緯

すでに事前認定により、14級9号(「局部に神経症状を残すもの」)として後遺障害の認定を受けた後、保険会社の提示額が妥当なのか疑問に思い、弊事務所にご相談にいらっしゃいました。

当事務所の活動

認定された等級を前提に、いわゆる赤本基準での損害額の算定を行い、相手方に提示しました。複数回の交渉の末、約120万円の増額ができました。

所感,争点(ポイント)

すでに後遺障害が認定されており、その等級を前提に交渉する場合、速やかに解決をすることが可能です。金額面のみならず、事件処理を素早く行えるかといった点も、依頼者にとって重要なポイントだと思います。その意味では、本件は速やかにかつ一定額の増額ができた事案であると思います。どこまで増額するか、訴訟をするかといった点については、依頼者の方との十分に協議することが重要だと思っています(弁護士小林)

解決事例の最新記事

骨盤〜股関節〜大股の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 025-288-0170 ご予約受付時間 平日9:30〜18:00 相談時間 平日9:30〜18:00(土・日・祝日応相談)