• HOME
  • 当事務所の解決事例
  • 肘部外側側副靱帯断裂等 治療途中で死亡したにもかかわらず手関節の機能障害で8級6号を獲得した事例

肘部外側側副靱帯断裂等 8級6号(治療途中で死亡した事例)

 

相談者

(70代男性) /職業 自営業

後遺障害内容(傷害名)・部位

手関節の機能障害

後遺障害等級

8級6号

依頼の経緯

 最初のご相談は、事故を受けた本人ではなく、ご家族からの相談でした。相談者の方は、事故により肋骨骨折、腰椎多発骨折、肘部外側側副靭帯断裂、後骨間神経麻痺等の重傷を負い、リハビリを続けていましたが、リハビリ中に別の病気が発見されたため、リハビリを一旦中止し、そちらの病気の治療に専念していました。傷病の程度から、手関節に障害が残る可能性もあったことから、当事務所の方でご依頼を受け、まずは適正な後遺障害が認定されるためのサポートを行うこととしました。

当事務所の活動①(後遺障害が認定されるまで)

 医療機関からカルテ等の医療記録を取り寄せる手続をしていた矢先、依頼者は事故とは関係のない病気が原因でお亡くなりになってしまいました。

通常、後遺障害の申請は、治療を相当期間継続したものの、完治しなかった場合に、医師に診断書を作成してもらった上で行います。しかし、本件の依頼者は、治療の途中で亡くなってしまったため、事故から相当期間後に後遺障害が存在して否かは不明な状況でした。

ただ、このような場合でも、事故による治療が中止されるまでの治療経過等を基に、事故から相当期間経過後の後遺障害の存否について判断できるしくみとなっております。このことを依頼者のご家族(相続人)の方に説明した上でご理解いただき、まずは、医療記録の検討から始めることにしました。

医療記録を検討したところ、依頼者は仮に相当期間治療を継続したとしても、左手関節の可動域制限が残存している可能性がありました。しかし、医療記録には、怪我を負った左手関節の可動域の数値は記録されていたものの、怪我を負っていない右手関節の可動域の数値は記録されていませんでした。

手足の関節の場合、事故によりどの程度可動域に制限が出ているのかが後遺障害を認定する基準となります。具体的には、怪我を負った側と負っていない側の可動域を計測し、その左右差がどの程度出現しているのかをもって後遺障害が判断されることになります。

しかし、本件の依頼者の場合、怪我を負った左手関節の可動域は医療記録に記録があるものの、右手関節の可動域は記録がないため、左右差がどの程度出現しているのかが分からない状態でした。そこで、当事務所の方で、依頼者の担当医に対し、怪我を負っていない右手の関節の可動域について照会をしたところ、平均的な手関節の可動域と同程度であったとの回答を得ました。当該回答が記載された書面を添付した上で、後遺障害申請を行いました。

当事務所の活動②(後遺障害認定後)

 後遺障害申請の結果、関節としての機能をほとんど果たしていないという意味の8級6号の後遺障害が認定されました。

 その後、加害者側の弁護士と、認定された後遺障害を前提に、損害賠償の交渉を行いました。

 交渉の中では、慰謝料や逸失利益(後遺障害によって仕事が制限されることの補償)が争いになりましたが、裁判基準を前提に加害者側の弁護士と交渉を重ねました。

結果

 交渉の結果、逸失利益、慰謝料とも裁判基準に近い金額で示談することができ、既払い分を含め約1290万円の損害賠償金を獲得することができました。

所感、争点(ポイント)

 治療途中で亡くなった方の場合、後遺障害が認定されるにあたって必要な検査等が行われていない場合があります。

 このような場合であっても、本件のように、担当医に照会をかける等することで、医療記録には記載されていないことを補充することができれば、後遺障害が認定される可能性はあります。

 本件の依頼者は残念ながら解決前に亡くなってしまいましたが、依頼者のご家族の方からは、適正な後遺障害が認定され、損害賠償金も裁判基準に近い金額を獲得できたことから、大変満足して頂くことができました(担当 江畑博之)。

解決事例をご紹介させて頂きます。

               
No
解決事例
1
頚椎捻挫 14級9号 無職 105万3771円増額した事例
2
物損事故 過失割合を6:4から9:1に有利に変更した事例
3
頚椎捻挫 14級9号 無職 57万1000円増額した事例
4
外傷性気胸、左腕神経叢損傷、頸椎横突起骨折 8級6号 会社員の事例
5
頸椎棘突起骨折、中心性頸髄損傷 12級13号 無職 740万3255円獲得した事例
6
頸椎捻挫,左手挫傷等 非該当 60代女性 会社員 134万8090円増額させた事例
7
頚椎捻挫 非該当 50代男性 会社員 赤本基準より5パーセント増額した事例
8
頸椎捻挫 非該当 親子合わせて83万1171円増加した事例
9
頸椎捻挫等 14級9号 主婦等 親子合わせて370万7400円増額した事例
10
左足関節果部骨折,左尺骨肘頭解放骨折,左鎖骨遠位端骨折等 併合14級 主婦 164万円増額した事例
11 頸椎捻挫 非該当 主婦等 夫婦合わせて56万円増額した事例
12 腰椎捻挫等 併合14級 パート・主婦 295万円増額した事例
13 左踝部~足部皮膚剥奪創 12級13号 学生 1362万3549円増額したした事例
14 両肩後部挫傷等 14級9号 359万9732円増額した事例
15 頚椎捻挫 非該当 会社員 28万8800円増額した事例
16 左寛骨臼骨折,右下腿挫創 12級7号 940万7200円増額した事例
17 外傷性頚部症候群,左上肢不全麻痺 非該当 170万3623円獲得した事例
18 右大腿骨骨幹部骨折 非該当 小学生 125万4101円獲得した事例
19 左寛骨臼骨折,左脛骨高原骨折 併合12級 会社員 943万7447円増額した事例
20 頚椎捻挫 非該当 会社員 17万2799円増額した事例
21 歯の欠損 14級9号 アルバイト 233万円獲得した事例
22 頚椎捻挫 非該当 会社員 16万円増額した事例
23 高次脳機能障害等 併合4級 無職 70代・女性 2800万円獲得した事例
24 頚椎捻挫等 併合14級 主婦 慰謝料(通院、後遺障害とも)及び逸失利益について裁判基準の損害賠償金を獲得した事例
25 頚椎椎間板障害 併合14級 主婦 慰謝料(通院、後遺障害とも)及び逸失利益について裁判基準の金額を獲得した事例
26 橈骨遠位端骨折、尺骨遠位端骨折、上腕三頭筋断裂 10級10号 逸失利益、慰謝料ともほぼ裁判基準どおり獲得した事例
27 顔面醜状痕,歯牙欠損 12級3号 会社員 343万9748円増額した事例
28 頚椎捻挫,腰椎捻挫 会社員 異議申立てにより併合14級に認定された事例
29 側副靭帯損傷・前十字靭帯損傷 30代男性 会社員 14級9号が認定された事例
30 頚椎捻挫等 非該当 裁判基準どおりの賠償金を獲得した事例
31 頸椎捻挫等 14級 会社員 510万円獲得した事例
32 高次脳機能障害 第5級2号 60代・男性 1262万2781円増額した事例
33 死亡事故 50代男性 裁判上の和解により合計約3600万円を獲得した事例
34

外傷性頚部症候群 30代男性 異議申立 非該当→149号 各慰謝料を裁判基準で獲得した事例

35 頸椎捻挫等 併合14級 会社員 約236万円獲得した事例
36 腰部打撲捻挫等 14級9号 公務員 約450万円獲得した事例
37 肘部外側側副靭帯断裂 治療途中で死亡したにもかかわらず手関節の機能障害で8級6号を獲得した事例
38 頚椎捻挫 14級9号 30代・会社員 593万円獲得した事例
39 外傷性頚部症候群 40代・会社員  第14級9号 約438万円獲得した事例
40 頚椎捻挫 40代・自営 第14級9号 約525万円獲得した事例
41

顔面醜状痕,腰痛等 併合9級 20代・会社員 男性 約1034万円獲得した事例

42

頚椎・腰椎捻挫 共に併合14級 30代男性・女性 それぞれ300万円以上の賠償金を獲得した事例

43

脛骨近位部開放骨折,橈骨尺骨骨幹部骨折等 併合9級 40代男性 交渉により約400万円増額した事例

44

胸椎圧迫骨折 11級7号 40代女性 交渉により約1250万円増額した事例

45

橈骨遠位端骨折 14級9号 60代女性 交渉により約220万円増額した事例

46 多発肋骨骨折、骨盤骨折等 14級9号60代男性 300万円以上の賠償金を獲得した事例
47

脳挫傷、急性硬膜下血腫、鎖骨骨折等 併合11級 70代女性 賠償額650万円を獲得した事例

48 左踵骨骨折 12級13号 60代女性 230万円増額した事例
49 頸椎捻挫 併合14級 50代女性 250万円獲得した事例
50 死亡事故 20代女性 当初の提示額より約3900万円増額した事例
51 腰椎捻挫 14級9号 50代男性 約210万円を獲得した事例
52 鎖骨骨折等 12級6号 40代男性 主張が全面的に認められ約1150万円が認められた事例
53 バイクの改造費について、訴訟を提起し、十分な賠償を得られた事例
54

外傷性頚部症候群 14級9号 40代男性 約270万円獲得した事例

55 頸椎捻挫,右肩打撲 14級9号 50代男性 損害額約470万円が認められた事例
56 死亡事故 男性会社員 約7000万円(自賠責保険金を含む)を獲得した事例
57 第1事故の示談交渉中に、再度交通事故にあった事例
58

高次脳機能障害等 併合6級 加害者が任意保険未加入であったが、裁判基準での損害金を獲得した事例

59 脛骨高原骨折、腓骨骨折、足関節内果骨折 併合11級 40代男性 約1250万円獲得した事例
60 腰椎圧迫骨折 11級7号 40代女性 当初の提示額より約750万円増額した事例
61 70代男性 第7級5号 「同一系列」が争点となった事例

お気軽にお問合せ下さい

ImgTop16.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致しております。


※スケジュールの都合上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いておりますので予めご了承下さい。

●トップページ
●交通事故問題でお悩みの方へ
●ご相談・ご予約の流れ
●当事務所が選ばれる
6つの理由
●当事務所の理念
●当事務所の解決実績
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用

新潟市の交通事故被害者の方の相談料・着手金0円 025‐288‐0170
推薦者の声
詳しくはこちら
お客様の声
詳しくはこちら

Contents Menu

事務所概要
  

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号

アクセスはこちら
Access Map
当事務所のリンク集
法律・税務のことなら 弁護士法人宮本総合法律税務事務所
交通事故賠償金のことなら 新潟 交通事故被害者相談

 

ImgLS3_3-thumb-240x240-18.jpg

 

fts_logo.jpg

Google+
弁護士法人 宮本総合法律財務事務所(旧:宮本総合法律税務事務所)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
電話 025-288-0170
FAX 025-288-0172