• HOME
  • 当事務所の解決事例
  • 鎖骨骨折等 12級6号 40代男性 主張が全面的に認められ約1150万円が認められた事例

鎖骨骨折等 12級6号 40代男性 主張が全面的に認められ約1150万円が認められた事例

 

依頼者の属性

40代/男性/公務員

傷病名

鎖骨骨折,頚椎捻挫

後遺傷害の内容

肩関節可動域制限

後遺傷害等級

第12級6号

 

1 事案の概要

見通しのよい道路を走行中,対向車がセンターラインを越えてきたため,正面衝突したもの(過失割合0:100)。依頼者は鎖骨骨折等のケガを負った。治療を継続していたものの,腕が上にあがらないという可動域制限が残った。

事故発生から4か月程度経過した頃,当事務所HPをご覧になり,受任に至る。

 2 当事務所の活動内容とその結果

・ 後遺障害の認定

まず,当事務所は,後遺障害の認定申請のため,医療機関からカルテを取り寄せつつ,後遺障害診断書の作成を医師に依頼しました。

しかし,出来上がった後遺障害診断書は他動値の記載がないなど不十分な内容でありました。

そこで,当事務所から医師へ再度書き直しを依頼し,無事漏れのない診断書が届きました。

当事務所の予想どおり,肩関節が4分の3以上制限されているということで,12級6号に認定されました。

 

・保険会社との交渉

後遺障害12級を前提に損害を計算し,相手方保険会社に提示しました。

しかし,相手方保険会社からの回答は,当方が提示した金額の3分の1程度しか払わないというもので,到底納得できるものではありませんでした。大きな対立点は,逸失利益と後遺障害慰謝料でした。前者については,労働能力喪失期間を稼働年齢までの計算ではなく,わずか5年分という計算でしたし,後者については裁判基準の約30%というものだったのです。

これに対し,当事務所は強く反論し,裁判基準をもとにした支払いを求めました。

しかし,これに対する回答も渋いもので,労働能力喪失期間は8年分でしたし,後遺障害慰謝料は裁判基準の40%程度のものでした。

これでは解決の見込みがないと判断し,訴訟提起を決断しました。

 ・訴訟活動

訴訟提起するにあたってのリスクは,交渉段階から争点であった逸失利益です。というのは,この方の場合,公務員であることやご本人の努力から,収入の減少がなかったのです。そのため,簡単に言うと,現在収入の減少がないのであれば,将来の収入減少は生じないという判断がなされるリスクがあったのです。請求する逸失利益が約1000万円であったため,この損害項目で負けてしまうと,獲得できる損害賠償金が大幅に変わってしまうという事情がありました。

実際に裁判では,被告側は逸失利益の部分を強く反論し,逸失利益は0円であるという主張をしてきました。

そこで,当方は,依頼者の職業の内容,現在の仕事への支障,職場の配慮,将来の転職先への影響などを細かく整理し,肩関節可動域が現在及び将来の仕事に与える影響が強いことを主張しました。

すると,裁判所は,当方の主張をほぼ全面的に認め,こちらの請求金額をほぼ認める内容の和解案を双方に提示してきました。

最終的にこの和解案をベースにして調整し,既払金を除いて約1150万円を支払うことで和解が成立しました。

 

3 担当弁護士の所感

 事故後の減収がない場合の逸失利益の計算や,肩関節可動域制限の将来収入に与える影響等,突き詰めると難しい争点がありましたが,依頼者と長時間打ち合わせをさせていただき,密に主張書面を詰め,結果的に当方の主張が裁判所に認められて,大変うれしく思います。また,訴訟では,本来当方が尋問によって勤務状況などを立証する必要がありましたが,それを回避でき,早期に訴訟が終了したことも,依頼者にとって利益だったと思います(担当弁護士 五十嵐)。

解決事例をご紹介させて頂きます。

               
No
解決事例
1
頚椎捻挫 14級9号 無職 105万3771円増額した事例
2
物損事故 過失割合を6:4から9:1に有利に変更した事例
3
頚椎捻挫 14級9号 無職 57万1000円増額した事例
4
外傷性気胸、左腕神経叢損傷、頸椎横突起骨折 8級6号 会社員の事例
5
頸椎棘突起骨折、中心性頸髄損傷 12級13号 無職 740万3255円獲得した事例
6
頸椎捻挫,左手挫傷等 非該当 60代女性 会社員 134万8090円増額させた事例
7
頚椎捻挫 非該当 50代男性 会社員 赤本基準より5パーセント増額した事例
8
頸椎捻挫 非該当 親子合わせて83万1171円増加した事例
9
頸椎捻挫等 14級9号 主婦等 親子合わせて370万7400円増額した事例
10
左足関節果部骨折,左尺骨肘頭解放骨折,左鎖骨遠位端骨折等 併合14級 主婦 164万円増額した事例
11 頸椎捻挫 非該当 主婦等 夫婦合わせて56万円増額した事例
12 腰椎捻挫等 併合14級 パート・主婦 295万円増額した事例
13 左踝部~足部皮膚剥奪創 12級13号 学生 1362万3549円増額したした事例
14 両肩後部挫傷等 14級9号 359万9732円増額した事例
15 頚椎捻挫 非該当 会社員 28万8800円増額した事例
16 左寛骨臼骨折,右下腿挫創 12級7号 940万7200円増額した事例
17 外傷性頚部症候群,左上肢不全麻痺 非該当 170万3623円獲得した事例
18 右大腿骨骨幹部骨折 非該当 小学生 125万4101円獲得した事例
19 左寛骨臼骨折,左脛骨高原骨折 併合12級 会社員 943万7447円増額した事例
20 頚椎捻挫 非該当 会社員 17万2799円増額した事例
21 歯の欠損 14級9号 アルバイト 233万円獲得した事例
22 頚椎捻挫 非該当 会社員 16万円増額した事例
23 高次脳機能障害等 併合4級 無職 70代・女性 2800万円獲得した事例
24 頚椎捻挫等 併合14級 主婦 慰謝料(通院、後遺障害とも)及び逸失利益について裁判基準の損害賠償金を獲得した事例
25 頚椎椎間板障害 併合14級 主婦 慰謝料(通院、後遺障害とも)及び逸失利益について裁判基準の金額を獲得した事例
26 橈骨遠位端骨折、尺骨遠位端骨折、上腕三頭筋断裂 10級10号 逸失利益、慰謝料ともほぼ裁判基準どおり獲得した事例
27 顔面醜状痕,歯牙欠損 12級3号 会社員 343万9748円増額した事例
28 頚椎捻挫,腰椎捻挫 会社員 異議申立てにより併合14級に認定された事例
29 側副靭帯損傷・前十字靭帯損傷 30代男性 会社員 14級9号が認定された事例
30 頚椎捻挫等 非該当 裁判基準どおりの賠償金を獲得した事例
31 頸椎捻挫等 14級 会社員 510万円獲得した事例
32 高次脳機能障害 第5級2号 60代・男性 1262万2781円増額した事例
33 死亡事故 50代男性 裁判上の和解により合計約3600万円を獲得した事例
34

外傷性頚部症候群 30代男性 異議申立 非該当→149号 各慰謝料を裁判基準で獲得した事例

35 頸椎捻挫等 併合14級 会社員 約236万円獲得した事例
36 腰部打撲捻挫等 14級9号 公務員 約450万円獲得した事例
37 肘部外側側副靭帯断裂 治療途中で死亡したにもかかわらず手関節の機能障害で8級6号を獲得した事例
38 頚椎捻挫 14級9号 30代・会社員 593万円獲得した事例
39 外傷性頚部症候群 40代・会社員  第14級9号 約438万円獲得した事例
40 頚椎捻挫 40代・自営 第14級9号 約525万円獲得した事例
41

顔面醜状痕,腰痛等 併合9級 20代・会社員 男性 約1034万円獲得した事例

42

頚椎・腰椎捻挫 共に併合14級 30代男性・女性 それぞれ300万円以上の賠償金を獲得した事例

43

脛骨近位部開放骨折,橈骨尺骨骨幹部骨折等 併合9級 40代男性 交渉により約400万円増額した事例

44

胸椎圧迫骨折 11級7号 40代女性 交渉により約1250万円増額した事例

45

橈骨遠位端骨折 14級9号 60代女性 交渉により約220万円増額した事例

46 多発肋骨骨折、骨盤骨折等 14級9号60代男性 300万円以上の賠償金を獲得した事例
47

脳挫傷、急性硬膜下血腫、鎖骨骨折等 併合11級 70代女性 賠償額650万円を獲得した事例

48 左踵骨骨折 12級13号 60代女性 230万円増額した事例
49 頸椎捻挫 併合14級 50代女性 250万円獲得した事例
50 死亡事故 20代女性 当初の提示額より約3900万円増額した事例
51 腰椎捻挫 14級9号 50代男性 約210万円を獲得した事例
52 鎖骨骨折等 12級6号 40代男性 主張が全面的に認められ約1150万円が認められた事例
53 バイクの改造費について、訴訟を提起し、十分な賠償を得られた事例
54

外傷性頚部症候群 14級9号 40代男性 約270万円獲得した事例

55 頸椎捻挫,右肩打撲 14級9号 50代男性 損害額約470万円が認められた事例
56 死亡事故 男性会社員 約7000万円(自賠責保険金を含む)を獲得した事例
57 第1事故の示談交渉中に、再度交通事故にあった事例
58

高次脳機能障害等 併合6級 加害者が任意保険未加入であったが、裁判基準での損害金を獲得した事例

59 脛骨高原骨折、腓骨骨折、足関節内果骨折 併合11級 40代男性 約1250万円獲得した事例
60 腰椎圧迫骨折 11級7号 40代女性 当初の提示額より約750万円増額した事例
61 70代男性 第7級5号 「同一系列」が争点となった事例

お気軽にお問合せ下さい

ImgTop16.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致しております。


※スケジュールの都合上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いておりますので予めご了承下さい。

●トップページ
●交通事故問題でお悩みの方へ
●ご相談・ご予約の流れ
●当事務所が選ばれる
6つの理由
●当事務所の理念
●当事務所の解決実績
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用

新潟市の交通事故被害者の方の相談料・着手金0円 025‐288‐0170
推薦者の声
詳しくはこちら
お客様の声
詳しくはこちら

Contents Menu

事務所概要
  

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目
8番15号

アクセスはこちら
Access Map
当事務所のリンク集
法律・税務のことなら 弁護士法人宮本総合法律税務事務所
交通事故賠償金のことなら 新潟 交通事故被害者相談

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村 

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市 

佐渡市


ImgLS3_3-thumb-240x240-18.jpg

 

fts_logo.jpg

Google+
弁護士法人 宮本総合法律財務事務所(旧:宮本総合法律税務事務所)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
電話 025-288-0170
FAX 025-288-0172